医療脱毛とは

医療脱毛 医療レーザー

医療脱毛は、病院やクリニックなどで脱毛をすることです。

 

一般的なエステのフラッシュ脱毛(光脱毛)と違って、医療脱毛は永久脱毛の主流となっている「医療レーザー」を使っている場合がほとんどです。

 

この医療レーザー脱毛と光脱毛は何が違うのでしょうか。

 

フラッシュ脱毛(光脱毛)の仕組みでも詳しく書きましたが、毛根の細胞を徐々には破壊して弱らせて、毛を処理する方法がフラッシュ脱毛ですが、
、医療レーザーは黒い色素にのみ反応するレーザー光線を肌にあて、毛と毛母細胞を破壊していくことで徐々に毛を生えなくさせます。

 

これが光脱毛よりも効果がでるのが早いのです。医療レーザー脱毛では、毛周期に合わせて2〜3ヶ月の間隔で通うと5〜6回程度で半永久的な脱毛効果が得られるといわれています。

 

細胞の破壊という行為が法律で医療行為とされているので病院でしか強力な医療レーザーは使えないのです。
医療クリニックでは、医療機関でしか取り扱うことの出来ない強力なレーザーを使っているので効果が早く確実というわけです。

 

ただ、もちろん考え方の違いがあり、確実な早い効果を求めて医療レーザーを選ぶ人もいる一方、
値段の安さや、痛みがレーザーのほうがより強いということで、手軽で痛みが少ないフラッシュ脱毛のエステの脱毛も人気となっているわけです。


脱毛エステ 人気ランキング